建築工事情報@mailのご利用事例

建築工事情報@mailは約650社のお客様が会員です。このページではそのご利用事例の一部をお見せします。

ご利用事例001    建築工事業のN社様

情報収集に割く時間が10分の1になりました

週に一度のメールを重宝しています。現場に出ることも多いため、情報収集に時間を割くことが出来ませんでしたが、導入後は事務所に戻ったときにメールを確認するだけになりました。作業的にも簡単で、添付されたエクセルファイルを建築面積3000㎡以上で絞込み印刷をかけます。カバンに入れておき移動中や休憩中のちょっとした時間に次の営業先がチェックできます。 (代表取締役社長47才男性)
ご利用事例002    設備工事業のC社様

連絡担当者・設計担当者の電話番号が助かります

メールで送られてくるエクセルファイルに、案件ごとの連絡担当者や設計会社担当者の連絡先が分かるため、この資料さえあればすぐに営業出来ます。時間を効率良く使うことが出来るようになりました。 (営業27才男性)
ご利用事例003    通信業のA社様

必要な情報のみ、絞り込めるのが良い

メールを主に利用しています。マンション・アパートが営業対象のため、配信データを「用途:共同住宅」で絞込みます。次に工事の修了時期をチェックして営業のスケジュール管理を行います。対象案件の完工時期が近づいたら配信情報に記載されている工事場所を確認して現場へ、現場管理人がいたら残り工区に「通信工事」が予定されているかを調査し、通信業者が入っていないことが分かったマンション・アパートには家主に直接営業したり、完成後ポスティング営業を実施しています。 (営業38才男性)
ご利用事例004    警備業のD社様

過去情報の検索が決め手でした

月に1回から2回の頻度でWEBサイトを使っています。届出日を過去2カ月間に設定し検索、データをダウンロードしたあと3000㎡以上で施工者が決まっている案件に絞りこみ、印刷したものを営業マンに渡しています。 (営業事務 25才女性)
ご利用事例005    宅配弁当のH社様

マンション着工時期が分かり、営業効率アップ

サイトを利用しています。自社の宅配エリアが北区・足立区・荒川区・台東区・文京区・豊島区・千代田区のため、対象エリアをチェックしデータを抽出。着工が開始した案件を確認したら、宅配スタッフにチラシを置いてこさせます。また施工者へ直接連絡し営業を行っています。戦略的に営業が行えるため、既存の営業ルート内で新しい顧客を作る事ができ、コストをおさえて売り上げを伸ばしています。
ご利用事例006    内装業のL社様

類似商品と比べてコスト安なところが魅力

月当たりの情報提供量は250-300件。月額利用料3,000円(入札ネットユーザー)から換算すると1件当たり約10円というコストパフォーマンスに魅かれました。類似商品も調べてみましたが、一番安いのでは。 (営業部長51才男性)

まずは、メールアドレスをご登録下さい!1ヶ月お試しの無料IDを発行します

メールアドレス